HOME > エッセイ多摩の弁護士の一日

多摩の弁護士の1日

ちょっと身近に感じるかも?多摩で働く弁護士の1日

8:30   今日は午前中から裁判所に行かなくてはならないので、この時間に出勤。事件の記録をかばんに詰め込んでいざ出陣。裁判所に行く必要がない日は9:30頃に出勤することが多いです。   出勤
 
10:00   霞が関の東京家庭裁判所で遺産分割調停。多摩地域の弁護士も霞が関の裁判所に行きます。立川の裁判所(東京地裁・家裁立川支部)の事件と霞が関の裁判所(東京地方・家庭裁判所)の事件の比率は、弁護士によると思いますが、私の場合、1:1くらいです。   裁判所へ
 
13:00   午前中の調停は正午近くまでかかり、昼食を食べる間もなく事務所に帰って、依頼者との打ち合わせ。依頼者の話に耳を傾け、問題の本質を探ります。打ち合わせの充実度が結論を左右するので、毎回の打ち合わせが真剣勝負です。   打ち合わせ
 
15:00   弁護士会多摩支部で広報委員会に出席。広報委員会は当ホームページや支部に所属する弁護士向けの会報誌『多摩のひまわり』を製作しています。このような委員会活動も弁護士としての重要な仕事です。   委員会
 
19:00   事務所に戻って外出中にかかってきていた電話に一通り折り返し電話。その後、別の依頼者との打ち合わせ。19:00くらいからの打ち合わせもよくあります。   電話
 
20:30   コンビニで夕食を買ってきて、事務所で食べます。その後は、翌日の裁判の予習や裁判所に提出する書類の作成。静かなこの時間が一番集中して仕事ができる!?   夕食後
 
22:00   区切りがついたところで帰宅の途につきます。今日も一日おつかれさまでした。   帰宅
 
 

ページトップへ