エッセイ

星と民暴と私

木村 裕史 会員 

 今年度の4月(平成29年4月)に,国分寺駅近くに「武蔵国分寺法律事務所」を開設し,このたび多摩支部会員となりました(弁護士登録は8年目です)。これまで多摩パブリック法律事務所でどっぷり多摩支部に浸かってきたパートナー(足立剛会員,全東周会員)と異なり,多摩支部会員となったばかりですので,自己紹介も兼ねて執筆させていただきます。

 

 私は,東京弁護士会の民事介入暴力対策特別委員会(以下「東弁民暴委員会」といいます。)に所属し,いわゆる民暴事件に積極的に取り組んでいます。また,同会の弁護士業務妨害対策特別委員会(以下「東弁業務妨害委員会」といいます。)にも所属し,弁護士業務妨害事件に積極的に取り組んでいます。
 ここで,東弁業務妨害委員会については,39期の中村裕二先生及び池末彰郎先生という「レジェンド」が,多摩地域にいらっしゃるのですが,東弁民暴委員会は,100名を超える大所帯にもかかわらず,多摩地域の事務所に所属しているのは現在私のみとなっています。負担が重すぎるからかもしれませんが・・・非常にさびしい限りです。
民暴事件も業務妨害事件も,相手方が暴力団などの反社会的勢力であったり,悪質な業務妨害者であったりするため,組織的な対応が必要となります。
 せっかく縁あって多摩地域に事務所を構えましたので,多摩地域の民暴事件に積極的に取り組み,少しでもお役に立てたらと考えております。多摩地域の民暴事件に取り組まれている先生がいらっしゃいましたら,ぜひお声掛けいただけましたら幸いです。

 

 また,まったく詳しくはないのですが,最近,夜空の星を眺めるのがちょっとしたマイブームです。深夜にふと,オリオン座を見つけたのがきっかけでした。あまりに綺麗だったので,その場でスマートフォンで冬の星座を調べ,「冬の大三角」や「冬のダイヤモンド」などを見つけ,すっかり夜空の星を眺めるのが好きになりました。
 「冬の大三角」及び「冬のダイヤモンド」のひとつであり,白く輝くシリウス(おおいぬ座)は,地球の近くにある恒星です(一番近い恒星が太陽です)。どれくらい近いのでしょうか?地球から8.7光年,つまり約82,302,000,000,000km(82兆3020億キロメートル)とのことです。仮に新幹線(時速300km)で向かった場合,31,317,352年(3131万7352年)かかる計算になります。・・・近いですね!笑
 同じく「冬の大三角」のひとつで,赤く輝くベテルギウス(オリオン座)は,地球から約642光年,つまり約6,073,320,000,000,000km(6073兆3200億キロメートル)の位置にあるようです。新幹線で向かったら,2,311,004,566年(23億1100万4566年)かかる計算になります(笑)。
 なお,ベテルギウスはその大きさも特筆もので,直径が約1,400,000,000km(14億キロメートル),太陽の約1000倍,地球の約11万倍もの大きさのようです。怖いですね。
 そんなベテルギウスやシリウスも,我々太陽系の星たちと同じく,「天の川銀河」に所属しています。天の川銀河には,太陽やベテルギウスのような恒星が,約2000億~4000億個存在しているとのことです。なお,太陽(及び地球を含む太陽系)も,天の川銀河の中心を公転していて,公転周期は約2億5000万年のようです。頭がくらくらしてきますね。
そんな天の川銀河も,広い宇宙の銀河のひとつに過ぎず,宇宙には約1700億個もの銀河が存在しているようです。もはや言葉を失いますね。
 ・・・そんなことを考えていると,私たちの悩みなんて小さいものだと思いませんか?
 ・・・思いませんよね(笑)。今後ともよろしくお願い致します。

 

ページトップへ