HOME > law_educationいじめ予防
法教育プログラム①

いじめ予防授業

 

 「いじめ」は、どの子も関わる可能性のある最も身近な人権侵害です。いじめによって尊い命が奪われる痛ましい事件が起きる度に社会の関心が高まりながら、依然として深刻ないじめ被害はなくなりません。

 この授業では、いじめの事件に交渉や裁判で携わることのある弁護士が、実際におきたいじめ自殺事件などを題材に、「いじめ」について人権の観点から解説し、子どもと一緒にいじめを予防する方法を考えます。 

 

授業形態

弁護士による解説

1~2コマ ※1コマあたり45分~50分程度

 

授業構成(一例)

①いじめと「人権」の関係

②いじめられる側が悪いのか?(許されるいじめはない)

③実際のいじめ自殺の事例を通して考える

④いじめを受けた人の心を知る-コップの水に例えて-

⑤いじめの四層構造 -「傍観者」にいじめを止める力があること-

対象

小学5年生〜中学生

 

お申込みの方法

年間を通じて受け付けています(042-548-3800:受付時間10:00~17:00 土日祝日除く)。

下記リンクの書式にご記入の上、FAXにてお申し込みください。

担当者からご連絡させていただきます。

お申込みは、こちらから。

 

※ご相談に応じさせていただきます。上記電話番号までご連絡下さい。

 

ページトップへ