HOME > law_education労働法を学ぶ授業(高校生用)

法教育プログラム⑧

労働法を学ぶ授業(高校生用)

なぜ労働法授業か?

 2019年4月1日より、時間外労働の上限規制、年次有給休暇の確実な取得などを定めた働き方改革関連法が、順次施行されています。また、悲惨な過労死事件も後を絶ちません。ほとんどの生徒が、将来労働者になります。自分の身を守るためにも、労働法に関する知識を正しく身に着ける必要があります。

 

授業形態

 弁護士による解説

 1~2コマ ※1コマあたり 50分程度

 

授業構成(一例)

 【主な内容】(高校生に身近なアルバイトも想定しています。)

・労働時間・残業代(この時間、お給料もらえないの?)

・有給休暇(好きなときにアルバイトを休むことはできないの?)

・過労死(働きすぎるとどうなるの?)

・解雇に関するルール(この解雇、有効?無効?)

・ブラックバイトから身を守る方法(どこに相談すればいいの?)など

※具体的な授業内容は、ご相談によりアレンジできます。 

 

対象

 高校生

 

お申込みの方法

年間を通じて受け付けています。(042-548-3800:受付時間10:00~17:00 土日祝日除く)

下記リンクの書式にご記入の上、FAXにてお申し込みください。

担当者からご連絡させていただきます。

 

お申込みは、こちらから。

 

※ご相談に応じさせていただきます。上記電話番号までご連絡ください。

 

ページトップへ