HOME > 法律相談・ADR
法律相談

法律相談の内容

東京三弁護士会多摩支部では、市民生活の中で起こった法的トラブルの解決をお手伝いしています。また、法的トラブルを未然に防ぐためには、契約を締結する前や保証人になる前など、事前の法律相談が大切です。 「弁護士に相談するなんて・・・」「弁護士費用がかなりかかるのでは・・・」と心配なさるよりも、まずは、東京三弁護士会多摩支部の立川法律相談センター、八王子法律相談センターへ、お気軽にご相談ください。

また、立川及び八王子法律相談センターにおきまして法律相談のインターネット予約 を開始しました。

大まかな法律相談の流れはこちらからご覧ください。

一般法律相談

不動産の売買・賃貸借、貸金の請求、隣人とのトラブル、結婚生活、親子関係、相続・遺産分割など、日常生活における法的トラブルに関する法律相談を行っています。

消費者問題専門相談<2010年10月より>

マルチ商法、訪問販売、欠陥商品、先物取引などの、いわゆる「消費者問題」において被害を受けられた方のための法律相談です。是非お気軽にご利用ください。

相談日時、場所、料金等はこちら

 

電話ガイド 

電話ガイドでは、弁護士が1件10分程度で電話による簡易な法的アドバイスをし、必要な場合には立川法律相談センターでの面接相談を行うほか、その他適切な相談窓口を案内いたします。

※ 平成27年4月1日より、午後1時〜3時も開設され、実施時間は午前10時〜12時と午後1時〜3時となりました。

詳細はこちら

 

労働問題専門相談<2010年10月より>

お勤めの職場での解雇、賃金未払、労働条件等に関わる問題。いわゆる「労働問題」について、2010年10月より「労働問題専門相談窓口」を開設しました。労働者側の立場としてのご相談はもちろん、使用者側の立場としてのご相談も承ります。

※ 平成27年4月1日より、労働相談(労働者側)の実施曜日が、火曜日午後から土曜日午前へ変更となりました。

※ 平成28年4月1日より、初回30分以内無料の1年間試行を延長することとなりました。new_01.gif

相談日時、場所、料金等はこちら

クレサラ法律相談

クレジット・サラ金などによる多額の債務で困っている方やご家族から、任意整理、自己破産・免責、小規模個人再生などに関する法律相談をお受けしています。

DV法律相談

配偶者や恋人などからの身体的暴力、言葉による暴力で悩んでいる方のための法律相談です。DVに関する専門研修を受けた弁護士が対応します。
※ 平成25年10月1日より初回面接相談を無料化しました!

犯罪被害者支援相談

犯罪被害に遭われた方、そのご家族やご友人等による相談が対象です。担当弁護士が直接、相談をお受けします。相談は匿名で受けることができ、ご相談内容の秘密も厳守されますので、ご安心下さい。

高齢者・障害者法律相談

成年後見、財産管理、介護サービスの利用、老人ホームへの入所契約や利用の際のトラブル、精神保健福祉法に基づく退院請求などの法律相談を行っています。

交通事故相談

交通事故による損害賠償責任の有無・過失割合、損害額の算定、損害の請求方法、その他交通事故 による民事上の法律問題に関する相談を行っています。

相談日時、場所、料金等はこちら

子どもの悩みごと相談

「弁護士子どもの悩みごと相談」を2012年から行っています。
いじめや虐待、ネット被害や両親の離婚など、子どもの悩みごとについて何でも受け付けます。
お金の心配はいりません。毎週水曜日午後2時から7時にお電話ください。 
TEL:042−548−0120
あなたが悩んでいることならなんでも。 弁護士といっしょに解決しましょう。

子どもの悩みごと相談についてくわしく

相談日時、場所、料金等はこちら

 

レインボー相談(セクシュアル・マイノリティの方のための法律相談)new_01.gif

2017年4月より試行実施として、「レインボー相談」と銘打って、セクシュアル・マイノリティ(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの頭文字をとった「LGBT」という呼び方をされることもありますが、典型的な性別にあてはまらないXジェンダーや、性的な欲求を有しないアセクシュアル等を明確に含める呼び方として、セクシュアル・マイノリティという呼び方もあります。)の方のための法律相談(電話相談・面接相談)を開始しました。

電話相談:毎月第1・第3金曜日(祝祭日の場合は翌金曜日)午後1時から4時にお電話ください。

     TEL:042−512− 8221

面接相談予約専用電話:月〜金曜日(平日のみ)9:30〜12:00 / 13:00〜16:30 TEL:042− 548− 1190

相談日時、場所、料金等はこちら

 

また、この機会に、セクシュアル・マイノリティの方の法律問題をはじめ、デートDVを含むDV問題、セクシャルハラスメント・マタニティハラスメント、離婚や養育費、面会交流等、当委員会の取り扱い分野の支援に興味を持っていただける皆様の団体内の勉強会や皆様の団体が実施する講演会等へ弁護士を講師として派遣いたします。ご希望がある方は、①おおよその実施時期・時間帯、②実施場所、③テーマ、④対象者・人数、⑤講師謝金の額(詳細は相談のうえ)をお知らせください。委員会内において検討のうえ、担当弁護士を決定しますので、詳しくは担当弁護士と打ち合せて下さい。

 

 

ページトップへ