HOME > 多摩支部案内支部長挨拶

多摩支部案内

支部長挨拶

東京弁護士会多摩支部   支部長 佐竹 俊之
第一東京弁護士会多摩支部 支部長 草道   倫武
第二東京弁護士会多摩支部 支部長 富永由紀子 

 

皆様、こんにちは。

私たちは、平成30年度の弁護士会多摩支部長に就任いたしました、佐竹俊之(東京弁護士会)、 草道倫武(第一東京弁護士会)、富永由紀子(第二東京弁護士会)と申します。

 

弁護士会多摩支部は、今年、設立20周年を迎えました。

2月2日に行った日弁連「高齢者・障がい者権利擁護の集い」を皮切りに、今年1年、多くの記念事業を予定しております。

夏から秋にかけての時期には、立川や八王子、武蔵野、青梅などの各地域で、「遺言カフェ」を開催します。少人数のグループに分かれ、お茶を飲みながらのリラックスした雰囲気の中、相続や遺言などに関する疑問や心配事について弁護士がお答えするという企画です。今まで「弁護士は敷居が高い」と思われていた方々にとっても、気軽に参加いただける内容になっております。

また、10月27日には、三鷹市公会堂にて、いじめ問題を考える企画を開催いたします。多摩支部は、全国の弁護士会に先駆けて、各自治体と連携していじめ予防授業を行い、高い評価を得てきました。そのような経験を踏まえた本企画、皆様に自信をもってお勧めいたします。

こうした20周年記念事業のほかにも、無料相談会や講演会、市民集会などを、随時企画しております。詳細については、このホームページでも適宜掲載いたしますので、ぜひご確認ください。

 

弁護士会多摩支部は、法律相談委員会や刑事弁護委員会、高齢者・障害者の権利に関する委員会、子どもの権利に関する委員会、消費者委員会などの16におよぶ各種委員会活動などを通じ、日々、多摩地域の皆様のリーガルサービス拡充に努めております。

 

ページトップへ